makito's voice
2022年03月31日
岸田屋ふたたび
  • 今日は午前中に息子の入学式用の革靴を見に行った。リーガルのクラシックなプレーントゥが、なんだかんだ一生使えるしと思っていたが、うちの息子は高校入学時に買った結構形の良いローファーもほとんど履いていなかったので、安めのもので済ませて、普段使いの靴を少し良いものにしたほうがよかろうということにもなったり。制服から解放され、なんだか明るめの服を来て電車に乗っている我が息子を眺めていたら、なんというかほっこりした。
  • 午後は横浜で打ち合わせ。ほどなく終わって、京急に乗るつもりが東急に乗ってしまい、若干遠回りしつつ、かちどき橋へ。久しぶりの場所は、道路やお店、商店街のアーケードなど少し変化も見られたけれど、桜もあちこちで咲いていて、なんだか変わらない感じではあり。
  • 開店は17時かと思っていたので、2時間ほど時間をつぶすことにした。1時間ほど喫茶店で過ごし、あとは早めに店の前に行って並ぼうと。すると、暖簾も出ているし、覗き込むと、店内から「どうぞ〜」と声がしてくる。一番乗り。一番思い出のある、入って左隅奥に座り、熱燗一合とヌタと煮込み。程なく出てくるが、酒が出てこない。どうやらちょっと失念されていたようで、あとからスッと出てきたり。あぁこれこれ、この熱燗だよなと。煮込みはちょっと量が変わったような気もしたが、食べすすめると、むしろ部位のバランスもよく、たっぷり美味しいところが入っていた。ヌタは相変わらずよく冷えてしゃきっとしていて、青菜、ホタルイカ、青柳、あとは刺し身も入っていた。
  • 本来そんなにモリモリ食べる目的で行く場所でもないが、次またいつ行けるかもわからず、銀鱈やくらげ、そしてはまつゆとおにぎり。酒はなんだかんだ3合も飲んでしまった。ひさしぶりのはまつゆは相変わらず美味しく、そしておにぎりはやはり米がおいしく、炊き具合も握り具合も良い。中に入っているシャケも変わらぬ味。お新香もついていた。思わず顔がほころぶ。目の前にいたおじさんが怖い顔をして俺を見ながら、メニューを見ていたり。おにぎりは昔は裏メニューだったが、ちゃんと店内に書いてあったので、わかると思うんだけども。
  • 店内のおねえさんは店入ったときに、久しぶりなんですよと言ってもあまり反応もなかったが、その後、お母さんや猫の話などをして、そしてもうひとりのおねえさんは、目が合うとにっこりしていた。お会計をして、ササッと店を出ると、なんだかふっと胸にこみ上げてくる。あの頃もこうしていたよなと。調べてみると、2002年の1月にご主人が亡くなったことを自分は知ったようで、なんだかんだで20年。確か一度、どこかで寄ったことはあったのだが、複数人で行って混んでもいた。今日はひとりだったので、当時、自分の人生の転機について悶々としていた頃がどんどん蘇ってきた。そして当時のあの店の常連さんの雰囲気など。とにかくダメになるまで飲んで、考えることをやめるくらいになって帰宅していたように思う。その頃から、良い時期も、おかしな時期も、変化の時期も経て、息子はついに大人になってきていて、もはや自分の人生もあとはしまっていくだけであるという、これは諦めではなく安堵にも似た気持ち。どうなるかなぁ〜ではなく、なんとかこうなったなぁ、そんな感じ。無論まだまだこれからもいろいろあるとは思うのだが、まぁとりあえず今日のところは、である。
  • 店を出ると。さきほどのお姉さんが出てきて、挨拶をしてくれて、いやいや、久しぶりに来れて、いろいろ思い出してしまいましたと伝えると、父が亡くなってからいろいろと...と言うので、いや本当にまさにその頃です...と言ってみるも、言葉が続かない。また来ますと店をあとにして、しばし近くの公園で空を眺める。去来するなぁ。 なんだろうこれ。
  • お店が一度閉店したとき、自分になにかできることはないか、誰もやらないなら、俺がやりますと言いたくなるような気持ちだったのを覚えている。もちろん自分がそんな使い物になるはずもない。しかし居ても立っても居られない感じだった。それくらいに、あの店のなにかが好きだったのだろうと思う。そうして20年も経って、もし大きく変わってしまっていたら、昔の思い出のままの方が良いのかもしれないなどと考えてもいたし、実際再開後も混んでいたり、最近はコロナもあったりで。しかしどうだろう。あの頃とかわらないものが流れている。なんて素晴らしいことだろうと。
  • そして不思議なことに、昔はたまらぬ気持ちがパンパンになった時に行こうと思っていた場所であったが、なんだかフッと変わって、これからまた、ちょいと寄ろうかななんて考えている自分がいる。いや実際ちょっと遠かったり、今日みたいに空いてるってのはなかなか無いのだろうけれども。

  • 2022年03月28日
    MKT58
  • 昨日、生誕祭は、昼間に中華をしこたま食べて、夜は宇宙ビールから始まって、稚内の貝柱とぽんたらを食べた瞬間に日本酒になり、あれこれ。いやかなり飲んでしまった。とにかく美味しかった。MKT48とか言ってたころから、10年経ってしまったのか。
  • 息子が大学に進学することが決まり、本当にいろいろ情景が一変した。ある意味では懸念でもあったが、そうなったらそうなった中での道が出てくるものではあり、本当に感謝ばかりのここ数年ではあり。おりしもちょうど40年前に自分も大学の合格発表なんてものでその後の人生が決まっていったようなものだが、40年ったらなかなかの時間ではあろう。
  • 心身の不調ばかりの10年だったようにも思うが、なんとか方向転換に来ているとも感じる。曲がれないカーブをようやく曲がって、そのあともカーブが続くのか、あとは直線か、上り坂か、下り坂か。3.11のときに自分は九州にいた。先日久々に宮崎入り、自分だけ先に入ったたった1日、そこでまた地震が起きていた。これはなんだかわからないが、九州にはまだまだ縁があるということかもしれないし、全然関係ないかもしれない。
  • 息子には山村長兵衛さんの石碑を見せて、そのことを教えていただいた山本さんにも少しお会いできて、延岡はあまりどうこうできなかったけれど、五ヶ瀬で家族3人というのは実現できてよかった。宮崎、日南、都城、延岡、高千穂、小林市、どこもよいところだ。宮崎は広い。

  • 2022年03月26日
    ぶは〜!MovableType修復劇
  • 昨年2021.06月に更新したっきりでそのままだった。家人名義のオフィスを作った兼ね合いでドメインを取り、makito.comで使っているサーバーにそのまま紐付け。そちらはWordPressが良かろうとインスコにチャレンジするも、その前に、サーバーの中にmtフォルダが見当たらない...もちろんログインもできず、ただトップページに飛んでしまう。ロリポに問い合わせなど送っても見るが、そもそも自分としても問題の切り出しが出来ていない。
  • どうやら不正書き込みでいろいろあったようで、昨年11月の時点でロリポからおかしなファイルのパーミッションを封じているようなことだった。手持ちのFTPバックアップは2015年までしか見当たらず、バックアップとしてあったように見えるフォルダもアクセスしてみるがどうにもならず、結局それをコピーしてみる。まず403やらあれこれ出まくりで、同時にWPもインスコしてみてみたり。いやぁとにかくすべてがうまくいかない。で、Chromeのキャッシュのクリア、.htaccessファイルの書き換え、WAFを始めとして設定の変更...。
  • まず、トップの.htaccessが改ざんされており、冒頭のごちゃごちゃを全部取り去って、ようやくログイン画面に到達。そしてキーチェーンが覚えているユーザー名とパスワード(別の場所に残してもあった)を入れるが、全然入れない。で、mt-medicの手直し版でやってみるも、ユーザーが出てこない。データベースに直接入ってchangemeというオマジナイ(ぐぐると出てくる)をやってみるが、やはりダメ。なにより、パスワードをお忘れになりましたか?で飛んだ画面では、「パスワード再設定用のフレーズ」というのが必要とあり、それはMySQLに入ってわかったのだが、それも全然通してくれない。
  • そうして、もういいか、この日記もそろそろ形も変えないとだし、このままディレクトリごと残せばよいかと。そうおもって、あぁそうだ、ダメ元でMTのバージョンをアップしてみようと。で、現状4.0から今落とせるのが6と7。とりあえず6からと思ってトライ。やはりログインを要求してくる。ところが、パスワードを忘れたとき〜の画面では、ただメールアドレスを入れるだけになっている!そうして、なんだかchangemeも入れたような気もするが、あっという間にバージョンアップが進み、完了!ログイン後、changemeから新しいパスワードに変更して、今こうして書いている。
  • あぁよかった。良かったのか?わからないけれど、まぁよかった。とりあえずバックアップも取りまくり、これでWordPressに移行するのもそれほど大変ではないだろう。それにしても、こんなにわかりにくくて、WEBの世界ってのはほんまに大変やのう。
  • あ、バージョンアップでMTincludeのAllowFileIncludeがデフォで0になっていて、それの書き換えが必要でした。めでたく再構築終了。MovableTypeはなんだかんだ好きだわ。
  • 追記。そういえば編集画面で文章の折返しにならなかったりしてたんだよなと思い出した。そして、今こうして再構築すると、liで書いていたものの改行扱いが変わっているようだ。やっぱそろそろCMS変えないとかしら。

  • 2021年06月12日
    終活なんてものがあるならば
  • 現代ほど「蓄積」というものが可視化された時代は無いのではないだろうか。デジタル&ネットワークによって、それはさらに。wwwインターネットの本来の用途を遥かに越え、ブログはもちろん、画像、音楽、動画、SNS...一体どこに保管されているのだろう。今のところ、自分のアホみたいなツイートやFBの投稿、画像はアクセス可能である。これを世界中の個人を相手にやっている。膨大なメモリ領域と、それを支える電力、メンテナンスはどうなっているのだろう。
  • 遺書というものがあり、財産も無い自分にとってはお別れの往生際の悪さというか、最後にこれ言っておきたい、忘れてほしくない、みたいなものでしかないが、自分より先に空の上に行ってしまった人達のその後を考えると、最後にひと仕事、残った人に要求しても、まぁそれはそれで、主張くらいさせろコラっていうところもある。
  • 今日は、なんだか時間の進みが遅い日だった。あれこれやって時計を見ると、まだ予想より1〜2時間前、というのが何度もあった。静かで穏やかで、明日からの行動の準備をするには余裕がありすぎるほどの。
  • なんというか、居を移してから、ようやく少し落ち着いてものを考えられるようになってきたが、とはいえ次から次へと難問も振りかかる。そしていよいよ、実の息子の大事なタイミングがやってきたようだ。若者は、現代の情勢など知らない。日々起きる新しいものに目を奪われ、そこに邁進することが生きることであると、それは半分正解だが、半分は不正解だ。しかし、その時々のブランドや流行、普通と呼ばれるムーブメントに絡め取られていく。
  • いろいろ頭をひねり、心が捻られる中、なんだかふとおかしな感慨にふけって、SNSに投稿してみれば、なんだか遺書のようでもある。そして今夜は久々にちょいと移動をする。なにかあるのだろうか。いやないだろう。しかし、実は息子に対する最大の教えとは、居なくなることなのかもしれない。それは自分を律してきたものを認めたいということでもないと思うが、結局、渇望しなければ、前進のエネルギーなど出てこないし、世の中にはクールに進める人もいるが、それは俺の遺伝子を持っているとは思えないので、除外する(笑)子供が自由になるためには、実は必要なのかもしれないと思うことはある。
  • 楽器は、息子が管理してくれるといいなぁ。せっかく、チャーリー・ワッツになれるんだから。ベードラ小さいけど。シンバルは横山君と博士に見てもらって、山村ジュニアワッツに必要なものを選定してもらって、あとは大したものもないけれど、有効活用の道があれば。例のスネアとかは、博士の元に戻るとか(笑)
  • 本とか、漫画とか、俺の工具とか、部品とか。使ってくれる人の手に渡ってほしいなぁ。俺も人から授かってるし。
  • 家は、きっと売るだろうなぁ。そりゃそうだよな。でも、良い家に巡りあった。ラクチンさは無いけれど、大変だったけれど。ミラクルのような出来事だった。息子も部屋が欲しかった。そして、忘れていたが、幼少期の自分も「広い家に住みたい」と書いていた。ちっとも覚えてない。が、それは少し叶った。延岡のことも、息子にも伝えておかないとなぁ。山村長兵衛の子孫ではあるわけだし。あぁ、どうしたら日本は、祖先からの繋がりを、もっとナチュラルに、もっと素直に感じられるようになるんだろうか。英霊とかそういうんじゃなく。
  • かーちゃんには好きに生きてもらって、淘人は自分でできることに誇りを見つけて。楽しいと面白いの違いについてとか、そういう話を、もうできるはずなんだけど、全然チャンスが無いなぁ。遅い反抗期かいな。生き急いだ自分と、そうでない息子の考えに接点ができるのは一体いつなのだろう。あ、ふたりとも、改名していいよ。携帯の下4桁も、苗字も、運勢悪いらしいしなぁ。
  • あ、息子には、この曲を聞いて欲しいな。Bob Bergのアルバム入っているピーター・アースキンのJuniorという曲。一度聞かせたかもしれない。淘人が生まれて、この曲がものすごく大事な曲になった。そしていつか違う曲で構わないので、同じ体験をしてほしい。
  • あ、裏の梅の木の右側、あれはもう腐ってもうすぐ倒れてくるから、やっぱりそれをちゃんとしないと、居なくなるわけにはいかん。

  • 2021年03月26日
    いやはや
  • 今日は、五十ウン歳の最後の日である。明日から五十ウン歳になる。自分がそんな年になるなんてなぁ。
  • もちろん万物に感謝というのがベースにあるわけだが。一昨年からの流れでアレコレ動いていたものが、現実となって、いよいよこのタイミングで新しい環境に移ったということは、実に喜ばしいことである。
  • それにしても、だいぶ頑張ったつもりはある。抜けている点は山ほどあろう。しかしだ、ここはまぁよく頑張ったという方向でまずは良かろう。そんなわけで、数日前に大きなイヴェントがひとつ終わりを感じさせて、実にここ最近の老体にムチを打つのにもちょっと緊張が途切れた感があり、少しのんびりしてみた。
  • 折しも、昨年の今頃は、丹沢で火を眺めながら歳を重ねようとしたわけだが、屋外でたんまり花粉や黄砂を吸い、焚き火の煙で存分に目も鼻もやられ、その後2ヶ月はコロナかとおもうようなひどい体調だった。
  • Bスポット治療に至って、激痛の末なんとか戻っていったわけだけれども。今年は無理はしまいとちょっとノンビリしながら、ここ数年見て見ぬふりをしていたドラマー達の動画をあれこれチェック。
  • いやはや。ものすごい進化だ。これを、この五十ウン歳の最後の日に見るわけか。うーぬ..。もはや、なにをどうしたって、今後のアプローチなど見えやしない。なんだろうか。奏法も音楽性も創造性も。まいったなぁ。
  • 明日は、ただの普通の日ということにしよう(笑) しかし、これにどう対抗していくのか。他の人達はw

  • 2021年03月10日
    2021.03.10
  • 動き。
  • どこへ行くのか。いろいろなものが連鎖しまくって、動きに至った。ようやくとも言えるし、遅すぎた、早すぎた...思おうとすればいくらでも思える。
  • このサイトは、何かもっと役に立つ物にならなければならないなと思う。そのエネルギーをチャンスとしてもらったと考えよう。

  • 2020年05月03日
    Bスポット治療
  • 数年前から調べていた上咽頭炎の治療法、Bスポット治療を3回ほど受けた。結果から言うと、何十年も前にここを治療すべきだったと感じる。幼少の頃から蓄膿や鼻炎のような症状が当たり前の者にとっては、これは走るのが遅いとか、背が低いとか、顔が丸いだの四角いだのというキャラクターやハンデのようなものと思い込みやすいと思う。大学を卒業後、耳鼻科でガス噴霧式の点鼻薬をもらったとき、ビリビリとした刺激に驚いたが、その後は魔法のように鼻がスッキリした。そう。鼻炎という枠で考えていて、概ね乗り切っていた。普通にしながら鼻が詰まったり、鼻水がタラタラ出てくれなければ、それだけで御の字、みたいなところもあった。そして、世の中的には段々と花粉症アレルギーとか、温度差、黄砂などいろいろと認知されて、薬もあるので、まぁそこそこ悪い状態ではなくなっていた。そして自分は、ドラムを叩くと身体全体が温まるので、いつしか身体が冷えて出る症状は少なくなっていった。
  • 鼻炎の薬を飲むと、鼻は通る。実際、ここ何年も、鼻が詰まって苦しいという鼻炎症状はあまり出ていない。しかし、なんだか喉の奥に違和感がある。痰というほどでも無いものと、痛みというほどではないが、鼻から空気を吸うたびに感じるツーン、シーンとした刺激。黄砂のシーズンになると、顔がガビガビに乾燥し、喉が痛くなる。しかし過ぎれば収まる。このときの喉の痛みというものも、ちょっと喉を潤したりするといい感じに思えたりするもので、お茶やアイスコーヒーなどでごまかせる。夜になれば、ビールやレモンハイなどは最適だ。
  • 数年前から、春先の仕事が一段落した時に、2週間ほどヘバッてしまうことが増えた。大抵は大酒をくらったあとなので、そちらのやっちまった感ではあるが、その後の体調不良が長く後を引く。しかし仕事が始まれば、また忘れていく。さて、そうして今回、時間もあり、なんとしても体調を戻したい気持ちで、抗生剤からアレコレを試し、どうやらステロイド吸入か、ムコダインあたりのおかげで後鼻漏が強くなった感、そしてその後半夏厚朴湯でずいぶんと症状が変わったので、これはどうやら心因か自律神経であろうということで、Bスポット治療を改めて調べ、実のところ小学生の時に中耳炎を直した直近の耳鼻科に出向いた。
  • 状況を話し、可能性があるならBスポット治療をお願いしますと告げる。すぐにスコープでチェックし、咽頭の腫れた部分を綿棒でつつくと、後頭部にガーンと来る。ここに薬を塗りますよ、と。左の鼻の穴から、次に右。そして喉から。いやはや激痛であり、どう受け止めてよいか、どう気持ちを逃したら良いのか、まったくわからないし、嗚咽も出れば喉には水分も溢れ出て、盛大に咳き込む。おそらくはあっという間なのだろうけれど、涙目になり、先生の質問になんとか答えて、効いてるかどうかもわからぬネブラーゼをやって終わり。
  • Bスポット治療は病院が限られるが、ネット上にはいろいろな人が、経緯などを詳しく書いている。そこに書かれていることの中で言えば、まぁ定番的な状況であろうけれども、とにかく今まで気になっていた「喉の奥」と言うものが鼻の奥であり、そこに綿棒が到達すると、そこだ!という気持ちとともに、壮絶な痛みがやってくる。どうやらこの治療は、塩化亜鉛を塗ることよりも、炎症した部分を擦過することで、鬱血を擦り出し、そしてその痛みによって慢性化して正常に機能しなくなった迷走神経とやらを刺激で治すみたいなことが大事なようであり、血は出るし痛みはしばらく続き、自分の場合は帰宅してうずくまっているうちに寝落ちして、目が覚めると痛みは薄らいでいて、体調が実に良くなるという感じ。2回目は、初回よりも痛くないかと思いきや、擦過に本腰が入ったせいか心が折れるほどであり、3回目は少しお手柔らかにとお願いしつつも、やはり患部に到達すると壮絶な衝撃。しかし、やるほどに、体調は回復し、30代の頃を思い出すような、なにかこう意志力みたいなものが戻ってくる。
  • 上咽頭炎は、自律神経の乱れにもなるということで、そしてまたストレスが炎症を加速もさせる。一人になったときなど、どう考えても、鬱か、ともすれば攻撃性や発狂に近いような思考というものに支配もされる自覚もあったが、この治療後は、なぜか根拠のないポジティブさや冷静さが蘇る。自分の思考が進まない、昔から考えていることが、同じライン上で答えを導き出せない、その憤りが募る。諦念と諦観を繰り返すも、何も見いだせない。そんな状況から、多少、多少ではあるが、回復できそうであるというのが、今の気持ち。実際、すでに自分から出てくる言葉や、アイデアに今変化がある。実は、咽頭でなくとも、どこか思い切り傷をつけて痛みを感じさせれば、同じ効果があるのかもしれないが...(笑)
  • しばらくはこれを続け、またセルフでの治療も視野に入れるべきではあるが。コロナ後もまだ生きていかなければならないのだとしたら、どうにかこれでまた正気を取り戻すしかない。30年前の自分に、教えてやりたい。これが無ければ、もっと良い仕事も出来ていたかもしれない。そしてある意味では、実は30代は、この症状は一番無くなっていたのかもしれないな。なぜだろう。その考察もまた必要ではあろう。