makito's voice

2001年11月20日
流星鍋

  • 流星群、今回はかなりよく見えたようだ。実際に1時間に5000個程度はあったとかで、ようするに今回は「アタリ」だったようだ。流星鍋と題して行われたイベントには、総勢20人以上が集まり、夜中の2時頃に鍋をつっつきながら空を見上げて、星が流れるたびにウオーウオーと叫んでいた。自分は料理の傍にいたこともあってあまり長いこと見ていなかったが、ふと見上げる程度でも結構見ることが出来て楽しかった。
  • みっちー、調べてみましたよ。あーなんか基本的に俺の人生てんてこ舞いで本望だな。

  • 天手古舞(てんてこまい)(「てんてこ」は太鼓の音。「天手古」は当て字) 1.太鼓の音に合わせて舞うこと。転じて、きわめて多忙で落ち着きなく立ち回ること。うろたえてたち騒ぐこと。「突然の来客にてんてこ舞する」2.喜んで小踊りすること。

  • 刀を抜く、ですか。なるほど。抜きますか。