makito's voice

2003年03月09日
春近し

  • 先週末のラテンジャズライブとWolfy佐野ちゃんライブは、暖かいお客様達のご来場によって、とても楽しく終えることができました。ラテンジャズのバンドは、ラテン界の著名ミュージシャンが揃っていることもあって、自分程度のインチキヒュージョンラテンでは追いつかないなぁと(ここは敢えてフュージョンではなくヒュージョン)。しかし、全体的にはかなり自然な演奏でよかった。Wolfyの方は、やはりなんといってもウッドベースのサウンドが素晴らしかった。なんていうか、ジャズというスタイルの一番の「理由」を感じることができて、演奏しているという気持がとても強く感じられる物でした。演奏の場所が木造の建物というのがまたよかったようで、なるほどなぁと。ただ、小さい音でそれなりのフィルインやソロを行うのは実に厳しい。5〜6月にはう●こトリオ+αも企画しつつ、明るく楽しく演奏だ。


  • 今日は随分とよい天気だ。風が強くて花粉もまだまだ飛び狂っているのだろうが、啓蟄も過ぎて、確かにぬくい感じがし始めてきた。そしてマイハニーのお腹もずいぶんと成長し、さすがに動くのが大変そうである。早く出てこないかなぁ。まだ見ぬ我が子はとても良く動く。元気いっぱいである。啓蟄で土の中で生き物がムズムズと動き出すように、一緒になって春を感じているのかもしれない。