makito's voice

2003年03月02日
鶏鶏

  • 美味しんぼ第10巻第10話「フライドチキン」に載っていた調理法にトライしてみた。ながいことやってみたかったのだ。これは、鶏に熱した油をかけて火を通すというもので、漫画のなかでは鶏まるごとでやっているのだが、近くにある鳥の卸し店が閉まっていたため、とりあえずモモ数枚でやってみたのだ。中華鍋に油を張り、炸鏈がなかったので金属製の笊に鶏を載せて油をかける。最初は低めの温度でじっくり、油をかけるたびにジワーと肉の色合いが変わってくる。油をすくってはかけすくってはかけ、しばらくやっていると手が疲れてくるので、右手と左手を入れ替えたりしながら30分。腕も腰も疲れてくるが、肉には実に旨そうに火が通ってくる。最後は油の温度を上げて、皮にジュワージュワーと油をかける。
  • そうして出来上がったのが下の画像。美味しそうでしょ!火の通し具合を確認するのが難しいけど、これ、実に美味しいです。軽く下味を付けただけでしたが、中華料理では、塩こしょうをなじませた後、飴を酢で溶いたものを塗って乾かすとのこと。油をかけている間に、結構流れてしまうからなのかな。今度はそれで試してみたい。しかし、これ鶏まるごとでやるとしたら、腕がイカレちまうなぁ。
  • 美味しそうでしょ!