makito's voice
« 2005年3月 | 2005年4月 | 2005年5月 »

2005年04月29日
黄金週間

  • Golden Weekが始まりましたね〜。JR脱線などいたたまれない事故を考えるとあまり呑気になれませんが、私はGWはたまっている仕事を片づけることですでに予定がいっぱいです(笑)
  • 金沢から戻って、ようやく少し隙間が出来てきました。もっきりやのマスター、孝三さん、VANVANのみなさん、そしてizumiさん、皆様ありがとうございました!ライブ翌日は金沢の街を案内して頂いたのですが、天気もよくて実に気持ちよかったです。

    金沢もっきりやの店頭です。街の雰囲気がとてもいいですね。

    なんと皮肉にもFragileの曲で落ちまくっていたときに孝三さん登場。あちゃ〜。
    3点セットでの孝三さんは実にスゴかった。結局何叩いてもスゴイです。あちゃ〜。

  • 金沢の街中を走っているときに川が見えたので、河原に降りてみました。犀川です。この芝生がもう極楽です。広い中で子供が自転車の練習をしたり、犬がかけまわったり、家族でお弁当食べていたり、釣りをしていたり川遊びしていたり、凧揚げしたりフリスビーしたり...。金沢では、東京のようなギスギスした人も見かけることが少なく、時間もゆったりしていました。またしても引っ越したい病が...。
  • クリックして大きな画像をお楽しみください

    2005年04月25日
    ちょっとだけ...

  • 金沢行ってきました!なんともっきりやに孝三さんが登場!ひぇぇぇ〜!やはりすごいドラミングでした。ちょっと今立て混んでいるので、時間取れ次第画像などアップします!
  • それにしても、すごい事故が起きてしまいました。いたたまれない気持ちで一杯であります。
  • 2005年04月21日
    さぁみんなで金沢へ(笑)

  • 新学期ですね。このところ更新が停滞しておりますが。
  • 先週のラブビアトリオは、なにやら面白く演奏できました。結局、ああいうジャンルって言うのは、基本的な演奏姿勢と、アンサンブルの中でのスタンスに加え、サウンドがちゃんとしてないと雰囲気っちゅうものが出ません。ドラムにとって、とても大事なこともひとつふたつわかった次第。

  • 今週は吉祥寺メグでの宮崎カツオ君と、週末に黄金トリオat金沢!このバンドで金沢に行けるとは夢にも思いませんでした。生きててよかった...。しかし、曲が難しい。金沢のうまいもんスポットとか調べる暇もなく過ぎてゆく毎日...(笑)
  • 2005年04月18日
    花粉いまだ脅威

  • 3月からずっと、まだ花粉が飛びまくってますな。今年は早めに薬を呑んでいたので、実際の症状に苦しむことは少なかったのですが、ここにきて檜花粉に過敏に反応しているらしい私であります。しかも、薬を呑むと味やら食欲の感じも変だし、いきなり眠くなったり、からだが鉛のように重くなったり、こんだけ長く続くと結構シンドイです。あぁ、もうなんとかして〜。
  • 先週のラブビアトリオは、なにやら面白く演奏できました。結局、ああいうジャンルって言うのは、基本的な演奏姿勢と、アンサンブルの中でのスタンスに加え、サウンドがちゃんとしてないと雰囲気っちゅうものが出ません。ドラムにとって、とても大事なこともひとつふたつわかった次第。
  • 今週は吉祥寺メグでの宮崎カツオ君と、週末に黄金トリオat金沢!このバンドで金沢に行けるとは夢にも思いませんでした。生きててよかった...。しかし、曲が難しい。金沢のうまいもんスポットとか調べる暇もなく過ぎてゆく毎日...(笑)
  • 2005年04月12日
    春ですかな

  • 一昨日の画像ですが。ようやくつくしも顔を出し、桜も咲いて参りました。
  • しかし、ここ数日の強い風と、今日の雨で、桜もずいぶん散ってしまうでしょう。花見もしていないというのに...。赤霧島も呑んでませんが、中野にもらったジョッキでビールを呑むことすらできていないという始末(泣)
  • クリックで大きな画像になります

  • オランダのドラマー、Martjn Vinkにインタビューさせてもらいました。ブルーノートにJesse Van Ruller Trioで来日したのですが、まったくもって素晴らしい演奏でした。最近、ヨーロッパのジャズに惹かれるところがあって、なんというか、演奏が絵画的な気がします。彼の話を聞いていると、音楽を聞かせるというスタンスがメインで、自分の存在とか演奏法のなんたるかは見せる物でもないという感じ。トリオで、あのバランスで、あれだけやれてしまうのはどういうことなんじゃろうか。こうしていろんなドラマーに会えるのは本当に嬉しいことです。今回のインタビューは、記事は他の方がまとめてくださるのですが、日本のメディアには初登場ではないでしょうか?次号ドラムマガジンをお楽しみに!(こんなこと書いちゃっていいのかな...?)
  • 2005年04月03日
    赤霧島

  • 先日、事務所にいたときに嫁さんからメールが送られてきた。

    「焼酎が来たぞ」

    帰って見てみると、なにやら宅急便が...!差出人は宮崎のドラマー関屋さんから!箱には「焼酎取扱注意」みたいな札が貼ってあり、ずしりと重い。開けてみると「赤霧島」と「幸蔵」という2本の焼酎と、無数の「日向夏ドリンク」が箱一杯に詰まっておりました〜!いやった〜!

    これですこれです。日向夏、延岡を思い出すなぁ...。

  • 以前ベースの鹿島君が、我が家で呑んだ際に黒霧島を持ってきてくれたことがありました。黒霧島は酒屋でも見かけますが、この「赤霧島」というやつは、なかなか手に入らないらしく、関屋さん自身は今回手に入った分は、私の分も含めて、みんな知り合いに配ってしまったそうです...。ううむ、儂にはそんなことできない(笑)関屋さんに教えて頂いた「甕雫」も、最近はご無沙汰してしまっているのですが、花見でもしながら、あのゆるりとしたひとときを過ごしたいものです。最近花粉症がひどくて、うちの嫁さんもあまり呑んでおらんのですが、少し落ち着いたら赤霧島をじっくり頂こうかなと思っています。関屋さん、本当にありがとうございます!ライブ頑張ってください!