makito's voice
« 2005年6月 | 2005年7月 | 2005年8月 »

2005年07月27日
台風一過

  • 今朝は、台風の後で実に乾いて気持ちいい天気です。日差しは強いけれど、こういう湿度ならば全然オッケー。このまま海に行きたい。ザバ〜ン。
  • 昨晩は某べーシストと一味が足立区焼肉を欲するというのでおつきあい。伊興のオグリは定休日で、長興屋に行ってみました。が、居心地のよいほうを選んで竹ノ塚に行き、関原店にしなかったのがまずかった。竹ノ塚店もずいぶんと混むようになったらしく、店の中には「混雑時には2時間制でお願いします」とか書いてある。むむう。昨日は台風のおかげか客はほとんどおらず、肉や料理はほどなく運ばれてくる。しかし、レバ刺し10点。キムチ28点。ユッケはあいかわらずうまいが、ホルモンミックスの量が激減で味は60点。こうなると、とたんにビールが薄いのが気になる。肉で満足できれば、ビールは口を洗うものとして成り立つのだが、肝心の肉がよろしくない。肉を食ってもビールを飲んでも、みんな後味がうすっぺらい味の素みたい。つうことで、やっぱ関原店に行けばよかった。がっくり。
  • 2005年07月27日
    ざけんな

  • アサヒスーパードライは大嫌い。あんなもの呑んで金使うくらいなら、そもそも呑まなくていい。嫌いなものを嫌いと言ってなにが悪い。ふざけんな。
  • 2005年07月24日
    地震

  • 結構来ましたね。グラグラグラァっと。事務所にいた全員が「キタッ」と感じて身を固くしてました。「やはり、いつ来てもおかしくないんだな」というのが実感です。家の中では、タンスの上に無造作においてあった長期熟成エビスの瓶が倒れていた他、カセットの棚がずれてしまったり、テレビも台からいくらかずれていました。考えすぎるのもよくないですが、あわてずに行動したいものです。
  • 先週の疲れがドッと出ています。もう、汲めば汲むほど湧いてくるってな感じで、代わりに元気や金や酒でも湧いてきて欲しいくらい(笑)まぁしかし、疲れただけのことはあって、自分的にひとつ前が見えてきました。あとは、進んでみるのみだなや。
  • ちょいと癒されたいモードで、湯布院玉ノ湯玄関画像。あぁ、風呂入ろうかな...。

  • 2005年07月23日
    ふんが〜

  • ぐったりしています。ドエライしんどい週でした。体も心も。ふー。
  • ちゅうことで、しばし休憩...。
  • 2005年07月17日
    タンシチュー

  • 今日は、嫁さんの30才の誕生日でした。私の子供を産んで、慌ただしい毎日の中で節目を迎えるということには、ひとつ申し訳ないような、とてもありがたい気持ちで一杯であります。今日は、せめてもの罪滅ぼしとして、毎年七夕に恒例のタンシチューを作りました。最近、タンというのはとても手に入りにくいもので、今回はなんとか手に入ったので作りました。全部で5時間くらいしか煮込んでいないこともあり、わりとあっさりとしたソースで頂きました。できばえとしては、あまり罪滅ぼしになってないかな...(笑)
  • そして、今日の晩餐に嫁さんが持ってきたのがコルトン・シャルルマーニュ。いやぁ、美味かったです。いつも思うけれど、うちの嫁さんはなんでこんなの持ってるんでしょうか。



    タンシチュー。うまいっす!


  • 2005年07月14日
    どっちの料理ショー

  • 今日放映された「どっちの料理ショー」は2時間スペシャルで、牛肉vsまぐろというものでした。最近、この番組は編集がうまくないなぁと思う。ゲスト芸能人が、一般参加者の投票になびいているように感じられて、どうにも納得いかないことが多い。以前のほうがよかったのでは...。天城のすばらしい本山葵を持ってきて、醤油にベタベタ溶いて食べているのがひどかったなぁ。まぁ、わさびをといた醤油をご飯にかけて食うのも結構うまかったりするんだけど(笑)。
  • ただ、特選素材の牛肉で紹介された山口の福嶋牧場を見て感動してしまった。特殊な育て方や特殊な肥料、ドーピング(^^)の類は無し。牛舎はとても綺麗で、夏の最中でも牛舎の造りや竹林など自然のやり方で涼をとりながら、牛は本当に気持ちよさそうにしていた。子供の頃から牛を育てるのを見てきたという福嶋さん(2代目)はなんとまだ20代、「毎日の積み重ねで牛の一生を見る」という言葉には恐れ入りました。もちろん、番組として成り立たせるための編集的要素もあるとは思うけれど、こういう人たちがいるということは本当に素晴らしい事だなぁと。
  • 2005年07月12日
    なんていうんだっけ

  • この花、なんていうんでしたっけ?子供の頃、夏に宮崎の延岡に行くと、ばぁちゃんの家のまわりにたくさん咲いていて、黒々とした逞しい種を集めて遊んでいました。

  • 今日もまた、電車の中で呆れてました。本当によく見るんだけれども優先席の真ん前、もしくは優先席に座って携帯メールをやっている女性達。アホじゃなかろうか。綺麗に着飾って、化粧して、自分をよく見せたいとか、テンション上げて生きていきたいなら、マナーくらい守れっての。
  • もうひとつ、昼間から缶のスーパードライもって電車に乗り込んで、ヘロヘロに酔っぱらいながら馬鹿話してる若い男二人。背負ったリュックが人にあたって文句いわれたら逆ギレしてやがる。二人のうちの一人は正気にかえって「すみませんすみません」と周囲に謝っている。当の本人は酔っぱらってベロベロバーとかやってる。ちょっとおかしくもあったけれど(笑)持ってるのがエビスだったら許したが。
  • 腰の痛みが治まって、運動不足解消にと軽いマラソンをしているが、調子にのってダッシュしてから腱を痛めた模様(笑)俺が一番アホじゃ。
  • 2005年07月03日
    WEB冠婚葬祭

  • 縁起でも無い話ではありますが、こういうサイトとかをやってる人が不慮の事故などで亡くなってしまったらどうなるのか、そんな話を嫁としておりました。普通に考えると、更新が途絶える→(まぁいつものことだ)→1週間経っても更新されない→(また忙しいとか言って更新サボってやがる)→1ヶ月経つ→(おいおいずいぶん経つなぁメールでも出してみるか)→変化無し&メールの返信も無い→その一方で、支払いが滞ってサーバーから削除される→404 Not Found。日常でもつきあいのある人であれば、なにかしら人づてで事実を知ることもできるだろうけど、遠くにいる人やサイト上のおつきあいがほとんどの場合、電話番号や住所を知らない場合もあるので「どうしちゃったのかな〜」てな感じになるのではないか。
  • 嫁さんには、私に万が一の事があった場合は、使っているマックからGoLiveを立ち上げて、事実を公表して欲しいと言っていたのですが、いっそのこと、

    「WEB葬式」


    をやってはどうかというアイデアが出た。Flashかなにかで、仏壇の画像にお焼香ボタンとかが配置された画面。「あなたは○○○人目のお焼香です」と表示され、お香典ボタンを押すとカード決済できるとか、そんなのはどうかと。想い出の画像集とか、生前の動画とかを見れるようにして、BBSには故人を偲ぶメッセージ。四十九日とか法要の時期も表示して、時期が来たら墓の画像にしてWEB墓参り。水をかけるボタンと線香ボタンは必須。でも、これって結構いいんじゃないかな。いつまでも亡くなった人の想い出に縛られそうだけど(笑)

  • んでもって、葬式が暗いって言うなら、

    「WEB結婚式」


    だっていいだろう。案内状がメールで来て、当日は端末で出席。ストリーミングで教会の映像や披露宴の画像も流しつつ、一応3次元でのセレモニーも行いつつ、都合のつかない人はネットで参加。お祝い決済の他、Amazonが提供する引き出物サイトとか。ま、自分で「結婚しました」とか「死んじゃいました」ってサイトに載せればいいけど、やっぱプロの演出には負けるだろうし、死んじゃったら自分じゃ出来ない。どっかの保険会社がそういうメッセージを届けるサービスを始めたと思うけど、それをWEBでやってもいいんでないか。もしもの時のサイト管理サービスなんつってね。  

  • しかしなぁ、そろそろそういう準備しとくかなぁ。楽器はどうやって処分するかとか、マックや機材は誰に使って欲しいとか(笑)
  • それにしても、今日はえらく涼しい。過ごしやすいので、体がラクチンですな。