makito's voice

2006年01月11日
シードル原酒:五枚橋ワイナリー

  • 今日か今日かと思っていたらば、まだ明日なんでしょうか>MacWorld Expo。プラズマ出るのかな〜。
  • 今日は岩手の西尾さんから、すんごいものが届きました!しかも不意打ち!岩手は五枚橋ワイナリーというところの「シードル原酒」なるものです(右画像)。さて、なんの予告もなく送られてきたこの物体、いったいいかなるものか!開けてみると「お早めにお召し上がりください」とのこと...。ということで、早速もう飲んでしまいました(笑)
  • このシードル原酒というものは、林檎から作られたワインということで、飲んでみると確かにワイン!妖艶なワインの色気をたっぷり含んでいます。実に美味い!さわりの無いスッキリした味がベースですが、アルコール度数は14度以下ということで、いわゆるシードルよりもしっかり酔っぱらいます(笑)これを飲んで思ったのは「生酒」であるということ。そして、いわゆる日本の酒であるということ。日本の酒のひとつの大きな主張として、生酒というものは、やはり日本の風土ならではの味が出るのかもしれません。大げさかもしれませんが、日本酒の生酒のような印象もありました。こういう酒はとにかく美味いうちに!ということで嫁さんとグビグビいってしましました!
  • 改めて西尾さんありがとうございます!カリンに引き続きこんなに素敵なものを送って頂いて、本当に恐縮です。しかし......。しかしですね......。なにやら感じるのですよ。私は...。なにか、かつてPismoがご縁の西尾さんが、このシードル原酒になにかのメッセージを込めているような...。まぁ、考えすぎですよね...。と思いつつ西尾さんのページを見てみると意味深なことが書かれております...。ひょ、ひょ、ひょっとして、リ○ーGR Digitalですか.......................................!?????? あひひひひひ〜〜〜。
  • 今夜の我が家の食卓は、上記のように急遽シードル原酒を囲む会となったわけですが、実にそのメニューがぴったりなものでした。ジャガイモのニョッキ、百合根、温野菜、鶏肉香草焼き。いや〜ごちそうさまでした!
  • そして最後に、今朝は雪でした。こんなちょぴっとですので、豪雪で苦労されている方からすればなんとも話題にもならない話でしょうが...。昨年は大晦日から元旦に降りましたっけ...。皆様風邪が流行っておりますゆえ、お気を付けください。