makito's voice

2006年04月02日
我が心のドン・アライアス

  • ドン・アライアスの訃報。あまりに突然で言葉が出ない。
  • ジャズ界はただならぬ悲しみに包まれてしっていることだろう。詳しいことはほとんどわからない。donalias.comによれば2006年3月28日とあり、YahooのMusic Newsでは30日とある。何がどうなったのかはわからないが、とにかく悲しくてたまらない。
  • ドンは昨年も来日し、ドラムマガジン誌上でも素晴らしい姿を見せてくれていた。私が見たのは、一昨年だったか、ブルーノートでのサンボーンのステージだった。得も言われぬ存在感、ここぞという場所に的確に入るパーカッション・プレイ。ドンの演奏には香りのように漂う何かがあって、圧倒的な音数や難解なフィギュアを使わずとも、超絶テクニックを凌駕する知性と、そしてそれと同等の野生を持ち合わせていることを、コンガの一音で聴衆に知らしめてしまう。



  • 書けば書くほど陳腐だ...。本当に残念です。