makito's voice

2007年11月04日
としちゃん

  • 豊橋にあるM78星雲からとしちゃんがやってきました。つうことでとにもかくにも旨いもんを食おうと。いろんな案を考えたものの、としちゃんの希望もあって、まずは月島へ。味泉は予約でいっぱい。まぁこれは仕方ない。しかし、なんと岸田屋が連休...。ガビーン。

    時として人生は非情なものでありんす。

  • 山利喜も電話してみたものの、蕎麦がいいというので築地へ。向かうは成冨。開店前でしたが予約を入れてひと安心。しばし時間があったのでオーガニックなカフェでしばし歓談。なにやらお土産を頂く。さすが豊橋、八丁味噌カレーと味噌キャラメル。「マズイらしいです」...。彼も食べたことがないという。で、オーガニックなカフェで早速一口。んー。むにゃむにゃ。あーキャラメルだなこりゃ。うん、味噌だ。塩味も効いている。しかし甘い。なんだか、甘くした味噌鍋っていうか...。いや、マズくない。なんかご飯が食べたくなるようなところもある。帰ってから思ったのだが、これがおにぎりの具だったらどうだろうか。意外といいかも。カレーはまだ食べてません。後日報告。で、ゴーダ哲学堂。早速読みました。面白い。てか、自分が感じてることがそのまま形になっている。あぁこうやって漫画にできるのは凄いなぁ。感服するなぁ。嬉しい。何回も読んじゃったりして。

    おみやげ達。

    結構イケます。もらってから、私は比較的よく食べてます。


  • さて、成冨です。やっぱうまかった。前回行ったときと何も遜色なく、今回初めて食べた玉子焼き、これがもう宇宙だった。ヤヴァイす。ということで画像連発。としちゃんが喜んでくれたのでよかったよかった。また行きましょう!今度は中野も一緒に行けるといいなぁ。

    まずはビールで蕎麦豆腐とウニ。


    ゴボウ天が出てきてすぐに酒に。


    酒。十四代の本丸もありました。


    アナゴ天。としちゃんの顔がほころぶ。


    帆立。貝柱でとしちゃん喜ぶ。


    玉子焼き。これヤヴァイ。鍋みたいな満足度の深さ。意味わからないと思うけどそんな感じ。


    蕎麦うまし。


    かけ絶品。なんだこの味は。出汁と葱の合わさり方はなんなのだ!?旨すぎる。