makito's voice

2007年12月25日
滅びの美学

  • こんな記事がありました。

     物語の主人公ネロと忠犬パトラッシュが、クリスマスイブの夜に力尽きたアントワープの大聖堂で、27日に上映される。

     映画のタイトルは「パトラッシュ」で、監督はディディエ・ボルカールトさん(36)。制作のきっかけは、大聖堂でルーベンスの絵を見上げ、涙を流す日本人の姿を見たことだったという。

     物語では、画家を夢見る少年ネロが、放火のぬれぎぬを着せられて、村を追われ、吹雪の中をさまよった揚げ句、一度見たかったこの絵を目にする。そして誰を恨むこともなく、忠犬とともに天に召される。

     原作は英国人作家ウィーダが1870年代に書いたが、欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、評価されることはなかった。

     米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。

     プロデューサーのアン・バンディーンデレンさん(36)は「日本人は、信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見いだす。ネロの死に方は、まさに日本人の価値観を体現するもの」と結論づけた。

     上映時間は1時間25分。使用言語は主にオランダ語で、日英の字幕付きDVDが今月からインターネットなどで販売されている。

    (2007年12月25日9時5分 読売新聞)

    へぇ〜!なるほどね。滅びの美学か。こういうことを検証する人がいるって面白いなぁ。なぜ日本でのみ共感って...。ここからは独断偏見邪推的になるけれど、滅ぶことすら美学となれば、もう恐いものなしではある。プライドが高いけど、実際には何もしないってことかな。あーそれ俺じゃん。俺の根っこにあるよそんなもんが。実際の美学はそんなんじゃない筈だけど、そういうところに入り込める余地があるっていうか。うーん。まぁでも日本人的にも半々なんじゃないだろうか。成長期に貧乏だったり環境に苦慮した人にはこういう美学がありがちなんじゃー。他の敗戦国ではどうなんだろうか。もっと乱暴に言うと、不幸を感動に変える力というか。ナルシズムかペシミズムか。いやもっと厄介な毒かもしれないけれど。でもまぁ欧米では、いわゆる感動巨編と滅びの美学の境界線はどこにあるんだろう。俺なんかスパイダーマン3で泣いちゃうくらいだからなー(笑)