makito's voice

2007年11月26日

  • えー。今日の日記は、いつにも増して極私的かつめちゃくちゃに散らかっております。ご勘弁を。
  • この土日はいろんな人に会ったなー。最近近くに引っ越してきたパイオこと斎藤勝太が遊びにきたので、レッスン後にもんじゃ。レッスンに来ていたのは6年くらい前か。ずいぶん経つのだなぁ。折笠姉様、佐々木"チョンボアキラ"、シノ、木島、カツ君などドラマーが集まってワイワイとやってましたが、基本的にはただの酔っぱらい集団。
     この日、朝6時に起きて朝日をあびた大野には、私のドラムセットを運んでもらうために車で来てもらっていたのに「呑みにいくか〜」とか言ってしまい、私のアルツハイマーは確定。まぁでも、ヤツはアンナちゃんにこんな凄いキャラ弁を作ってもらいみんなの羨望を集めていたので、まぁもう充分に幸せでしょう。と勝手に決めつける(笑)

    キャラ弁。ケ○○軍曹だっけ?おいおいアンナちゃんこりゃ凄いね。もったいねーよ。


     ちょうどこのとき、アメリカ周遊帰りの相馬がレッスンのレコーディング現場に乱入し、スリンガーランドのセットや500円シンバルなど叩く。ちょっとリックマロッタっぽい。旅行中の画像を見せてもらう。ちょうどネガスキャンしてあった1990年のニューヨークの画像と見比べる。おもしれー。

    自由の女神に向かう船から撮った画像ですね。Photo by 相馬

    これはネガをスキャンした画像。いろいろ違いがありますなぁ。Photo by makito


     そして日曜は学生ボンボンをコマキに連れて行くと、そこにリズケン生の古山君が。彼は矢吹君が育てたとても対応能力の早いドラマー。高校3年なのでしばし学業に専念していたのですが、なんでもそろそろ推薦枠で進学が決まりそうだとか。若いのにちゃんとしてるなぁ。
     その後はデザイナー&ドラマーの岩田さんの紹介の紹介で森田さんというべーシストの方とお会いしました。不要となった機材を使わせていただくことになったのですが、森田さんも奥様も関西人。一応私も豊中生まれですが、やっぱほんまもんの関西人にはかないまへん。で、そこで見せていただいたエレキ三味線。これに目が行ってしまってかなり釘付け。ハナムラ楽器というところの手作り品らしいのですが、なんというか楽器から何か出てます。
     こういう巡り合わせはホント嬉しいなぁ。総理大臣に会ったとかそういう話ではないけれども、そんな風に感じる星回りなのだろう。自分の周りにはたくさん人がいるわけだけれど、そういう流れを意識して動いたりするのはまったくダメで、自分がどんだけ勝手に生きているかがよくわかる。自分が出れば人は引っ込む。人が出れば自分は引っ込む。出なきゃ話にならないが出たいのかと言われると出たいようでもあり出たくないようでもあり。出るのも引っ込むのも同じくらい良い面とそうでない面がある。そんな子供みたいなことでグルグル回っていながらも、なんだかんがこうして人と会ったり関わったりすることができているのは素晴らしいことです。来年は音楽と人の勉強だなこりゃ。まぁしかし若い人達がどんどん動いていって、さて俺は田舎に引っ越して隠居でもしたいところですよ。パイオの話によれば、やっぱ高知はいいみたい。でもまだまだ煩悩もある、と。雑念だらけですわなー。